【立待岬】 青果仲卸マンガ「八百森のエリー」

昨日2/9(金)に、北海道新聞の夕刊の道南情報誌「みなみ風」内のリレーコラム「立待岬」に載った文章です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
野菜の高騰がニュースになる昨今。なんでこんなに高いんだぁ?!、と思われた方、この機会に青果流通の裏側をのぞいてみませんか。

マンガ雑誌「モーニング」に昨年9月から連載されている、青果仲卸マンガ「八百森のエリー」、お勧めです。宇都宮中央卸売市場のとある仲卸に就職した、野菜愛あふれる農学部卒の卯月瑛利(うづきえいり、通称エリー)が青果流通のど真ん中で奮闘するマンガです。農家さんが主人公のマンガはいろいろありますが、青果仲卸が主人公のマンガはおそらく業界初です。

八百屋である店主もうれしくなってしまい、北海道の越冬ジャガイモのネタを筆者の仔鹿リナさんにお伝えしたところ、なんと早速採用。昨年12月連載の回で3週連続でマンガにしていただきました。1月に第1巻が出たばかりですが、次なる第2巻にジャガイモの話が載る予定です。

「八百森のエリー」と検索し、モーニングの公式サイトに行くと、第1話と第2話が公開されていますので、良かったら読んでみてください。第1巻はすず辰でも立ち読みできますし、書店さんにも並んでいます。

エリー始め、楽しいキャラたちが織りなす「青果あるある」満載の楽しい話がいっぱいで、日々の野菜の買い物が楽しくなること請け合いです。ぜひぜひ「八百森のエリー」をよろしくお願いします。

(八百屋すず辰店主)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

そういえば、越冬ジャガイモがおいしくなってくる季節です。
この2-3月が自然状態では一番よいかと。

ホクレンさんの「よくねたいも」は特別な冷蔵庫で保管しているので、4-6月もおいしくいただけます(注:要冷蔵であることをお忘れなく)。

「よくねたいも」は起こさない

第1話と第2話はいかをどうぞ。
主人公エリーが学生時代(農学部)に担当教授に言うセリフなんて、業界人には涙ものです。
〔第1話〕http://www.moae.jp/comic/yaomorinoelie/1
〔第2話〕http://www.moae.jp/comic/yaomorinoelie/2/1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

全国発送を承っています

店主の勝手にセレクトセット
Copyright 2018 八百屋 すず辰