名人の力(想像力と創造力)

%e5%a4%a7%e6%a0%b9%e3%81%a8%e5%92%b2%e7%bf%94 %e5%93%81%e5%ae%9a%e3%82%81_%e5%92%b2%e7%bf%94

『京野菜』。
夏だと、「賀茂なす」と「万願寺とうがらし」。
京都の料亭で京料理の食材として長年親しまれてきたもので、とにかくおいしい。

賀茂なすは、なすの女王様といった趣きで、田楽や揚げびたしにすると、その肉質のきめ細かさと上品な甘みに思わず顔がほころび。

DCF00311.JPG

万願寺とうがらしは、とうがらしと言う名とは裏腹に辛みはなく、焼いたり、炒めると旨みが出て結構はまる方が多い一品です。

DCF00509

 

お盆に訪れたときの京都の農家さんの言葉。

太秦の長澤さん
「その野菜本来の味が出るように育てるんだよ」

吉祥院の石割さん
「与える肥料や栽培管理で野菜の味は変わってくる。野菜がどういった味になるのか。それをイメージして栽培している」

どちらもただ育てると言うのではなく、野菜が料理の素材としてどういう味わい・食感・色合いになったらいいかを見据え、種蒔きから苗そして収穫までの成長に寄り添っているということ。

これは結構衝撃でした。

『姿勢が違う!』

 

野菜が順調に育てばいい、と通常は考えます。
順調に、の目安は、苗の根張りの様子、葉の色加減や、茎の太さ、葉脈の状態などなど、見るポイントはいろいろ。

DCF00004.JPG

 

しかし、どういう味になってほしいか考え、そのために野菜の状態を見、必要な手を打つ。
これってかなり高度なことです。求める品質が明確であればあるほど、成長過程、栽培手順によってその結果がどう影響するか、アンテナが鋭くなります。

 

さらにすごいのが、『とらわれない』ってところ。

野菜をおいしくするためなら、手段は問わず、自らの経験も疑って、素直に野菜に向き合い、どんどんチャレンジしていく。常により上を目指し精進されているのです。

まさに『想像力は創造力』です。

全国発送を承っています

店主の勝手にセレクトセット
Copyright 2018 八百屋 すず辰