子どもが野菜嫌いで何が悪い!

八百屋として、子育て中の親御さんに訴えたいことは、写真の本のタイトルの通りです。

「子どもが野菜嫌いで何が悪い!」、
管理栄養士である幕内秀夫さんの著書です。

 

実は私、子どもの頃は結構な野菜嫌いでした。

たまご焼きに入ったねぎに吐きそうになり、肉詰めピーマンはお肉とソースの味で四苦八苦しながら食べ、しいたけもぬるっと食感がダメでした。

それが、気づけば食べられるようになり、今では野菜のおいしさを伝える八百屋に!

 

子どもの頃ダメだったものが、大人になったら好きになるってあるよな、と思っていたのですが、この本によると、赤ん坊と大人で、舌にある味を感じ取る細胞(みらい細胞)の数に違いがあるそうです。

赤ん坊が1万二千個ほどあるのに対し、大人は6千~9千個。

赤ん坊の方が多いのは、まだ内臓が未発達の小さいうちは、食べて良いものが少なく、口に入れる前に選別するために、より味覚が繊細になるそうなんです。

 

次の表は、子どもの好きな、嫌いな野菜ランキング。

嫌いな野菜の定番、「ピーマン」、「ねぎ」、「ニラ」、「人参」は香りが強いですし、「なす」「オクラ」「しいたけ」などは食感が独特。味覚が敏感な子どもが毛嫌いするのもある意味当然。

日々成長しエネルギーが必要な子どもたちは、いもや豆(枝豆・とうもろこし)など糖分の多い野菜を好むのです。

 

他にもなるほどな話がたくさん載っています。

子どもの好き嫌いで悩む親御さんが多い昨今、もっと「子どもの好き嫌いは気にしなくてもいい」ってどんどん伝えていきたいなと思う八百屋なのです。

 

・すず辰のホームページ
http://suzutatsu831.com/

 

※入荷の詳細や営業時間の変更などはフェイスブックとインスタグラムで随時流しています。
・すず辰ツイッター(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://twitter.com/suzutatsu0831
・すず辰フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/suzutatsu831
・すず辰インスタグラム(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.instagram.com/suzutatsu831/

 

・八百屋が選ぶ、「店主の勝手にセレクトセット」好評です。
http://suzutatsu831.com/delivery/

 

・八百屋劇押しのマンガ「八百森のエリー」、ぜひ試し読みを!

業界初!? 青果仲卸マンガ!お勧めです!!

 

・店の紹介冊子、すず辰マガジン。よかったらまずはこちらを読んでいただけると店のことがよくわかります。

セルフマガジン、送ります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

全国発送を承っています

店主の勝手にセレクトセット
Copyright 2018 八百屋 すず辰