昔の自分に出逢う

妹の披露宴にて、妹から披露された話です。

妹が生まれる前、母が双子の姉(当時9歳)と私(7歳)に言ったそうです。

母「赤ちゃんが新しく生まれるから、今まで3等分していたケーキを4等分しないといけないけど、いいかな?」

姉(2人)「いいよー!」

私「ぼくの分を(わけて)あげるよ!」

母はえらくうれしかったそうで、姉・妹には何度も話を聞かせてたとか。

34年ぶりに知った話を聞きながら、「なんかうちの長男(8)」が言いそうやなぁ、って目の前の息子を眺めた、父(42)でございます。

 

 

で思い出したのが、大学時代、自転車同士で軽い事故を起こしたことがあるのですが、その時にされた昔話。

 

幼稚園時代に、横断歩道を渡る際、歩行者用の信号が青になった途端飛び出した幼い私。

そこへ、信号の変わり目にそのまま飛び込んできた車一台。

出会いがしらの衝突で10m近くぶっ飛ばされた私。

病院に緊急搬送。

幸い左ももの骨を折った以外は打撲程度で済みました。

 

で、そんな私が病院で意識を取り戻した時に母に言ったそうです。

「いつもいい子にしていたから、ののさま(仏様)が護ってくれたんだね」と。

お寺の幼稚園に通い、毎朝訳もわからずお経をあげていた当時の私。

仏様の存在をしっかり胸に刻みつけていたようです。

 

初々しくも 素直な 幼い自分を思い出した今なのです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

全国発送を承っています

店主の勝手にセレクトセット
Copyright 2018 八百屋 すず辰