【立待岬】 子供のいる空間は

昨日北海道新聞の夕刊の道南版「みなみ風」内のコラム欄「立待岬」に載った文章です。今回も、3児の父として感じたことを書いてみました。

出張で女房がいない土曜日。自営業の気安さで、子供たちを店に連れてくることがあります。

店や店裏で遊びまわる子供たち。そんなわが子たちを、来店されたお客さんは顔をほころばせながら見守ってくれます。お客さんによっては、子供らがいないと、「あれっ今日はいないのね」と、がっかりされる方も。「子供がいるとなんか店が明るくなった気がするわねぇ」という方もいます。子供が持つパワーが場の空気を明るくしているのかもしれません。

2004年のスマトラ沖地震に伴う大津波で、被害を受けたスリランカに赴いたお坊さんにこんな話を聞いたことがあります。当初、がれきの山に途方に暮れていた大人たち。しかし、そんな中でも遊びまわる子供たちの姿を見て、一人また一人と大人たちが立ち上がっていったと。

生命力の塊のような、子供たちのパワーと無邪気な笑顔。それが再び大人たちに生きる力を与えたのでしょうか。

少子高齢化の現代。いわゆる老人ホームがどんどん建っていきますが、保育園と併設してはいかがでしょうか。日々、子供らと触れ合うだけで、元気に長生きできそうです。あやとりやお手玉など昔の遊びを教えたり、おばあちゃんの知恵を新米ママ・パパに教えたり。結構楽しい空間になると思いますが、いかがでしょうか。

(八百屋すず辰店主)

インターネットで検索すると、保育園と併設の老人ホームも一部ですが運営されているようです。「保育」と「介護」は担当する役所が異なるため、なかなか一緒に運営となると制度的に難しいところがあるようですが、あらゆる年代の人たちが一緒に触れ合う空間があるのはとても大事だと思うのです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

全国発送を承っています

店主の勝手にセレクトセット
Copyright 2018 八百屋 すず辰