娘のチャレンジ

女房に続いて、娘のチャレンジについて。
(前者は「シャチ クラウドファンディング」とgoogle検索いただくと、「シャチに出会える海、知床羅臼。その謎を解く海中のヒントを探れ」と言うページが出てきます)

 

小6の娘。今年は女房に続いて忙しいです。

元々、幼いころからスイミングスクールに通っていたところに、小4から吹奏楽部に入部。これが、全国大会への常連校で。シーズンになると休みは週1回のみ。土日も結構練習あり。授業が終わると夕方までは吹奏楽部(以下吹部)の練習。そして、夕方からはスイミングで練習(スイミングは週3~4回)。

これだけで大変なところに、何と今年地元で中学受験をすると言い出したのです。で、春から塾へ行くことに。週2で入ってくる塾。そして、その宿題。学校の宿題も意外に多く、気を抜くとすぐにたまる宿題たち。

 

そんな中、やってきました修学旅行。必要なものを確認すると雨具がいるというので、週末買いに行き、土日で事前に準備しておきや~、と言って任せていると、出発前日、夕方に吹部終わりの娘を迎えに行くと「全然準備できていないのでスイミングを休む」と。しゃーないなと、家に連れて行き、私は息子たちを迎えにスイミングへ。

21時前に、長男を連れて帰宅すると、楽しそうにTVを見ている娘。

「(修学旅行の)準備終わったん?」と聞くと、「まだ」との答え。
思わずプチッと 切れてしまいました。「2時間何してたん!?」と。

何故か、旅行あとの学校の準備を先にし、TVが楽しく、気にな りつつも肝心の修学旅行の準備が進まなかったという娘。

「優先順位が違うやろー!」と、「息抜きするなとは言わんけど、 やるべきことやってから遊べやー!」と関西弁が出る父。

その後、半泣きになりつつ、準備した娘。

 

小6の子にちょっと厳しいのかしらん、と後から反省しつつ、翌朝玄関で見たのが冒頭の張り紙。「すいとう ぼうし」と忘れないよう 自分で書いたらしく。娘の工夫に少しうれしかった父なのです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

全国発送を承っています

店主の勝手にセレクトセット